フラット35審査と必要な印紙代はいくら?

フラット35の審査は、年収や雇用形態については比較的緩やかですが、物件について高性能住宅であるという証明が必要になります。
断熱やエコ、耐震性、バリアフリーなどといった基準を満たしている必要があります。
安心して長く住める住宅を手に入れるには必要なことですよね。
住宅購入の際に驚くのは、意外に諸経費がかかるということです。
物件価格が3,000万円前後ということもあって、建築施工業者との契約書にも、ローン締結の契約書にも印紙代がかかってきます。
これは、取引にかかる税金を印紙というかたちで、税務署に納めましたという証拠ですから、正式な契約書には必ず必要になるものです。
それぞれ1万円〜2万円ほどの印紙が必要になります。
フラット35の自己資金はいくら必要?借り入れ手順!【頭金の金額は?】