フラット35Sとオール電化住宅とは?

最近、家の購入を検討している人は、火災などの予防のためにオール電化にしたいという人は増えているようです。
オール電化にすると、火災の発生する確率を少なくできるだけでなく、実際の火災保険料も安くなりますので、おすすめです。
また太陽光発電とオール電化の設備を備えていれば、フラット35Sが適用される場合があります。
オール電化については、設備を備えていれば、住宅ローンの割引対象にもなります。
環境に優しく、コストが安いオール電化の設備を導入すれば、様々に良いことが増えますので、新居を考える際は是非検討してみましょう。
もし、詳細が分からなければ住宅を購入した会社、または日本住宅支援機構へ問い合わせてみましょう。
フラット35Sの審査は厳しい?甘い?金利引き下げ!【技術基準落ちる?】