介護の仕事内容

介護の仕事を希望する人が最近増加していますが、実際の仕事内容というのはどのようなものなのでしょうか。高齢者や病人の生活を介助したり、介抱することが介護の仕事と言われています。とはいっても、生活の何から何までを世話するわけではありません。日々の生活のことや身の回りのことは、できるだけ本人が自力でできるように取り計らいつつ、介助すべきところだけに手を貸します。

介護過剰状態は、利用者本人のためにもよくありません。その人その人の適正を見極めて、何をサポートすべきか判断することが大事です。介護の仕事には、どういったものがあるでしょう。最もよくあるものが食事の介護です。自力で食事ができない人に食べさせたり、食事に付き添ったりします。歩行介助も介護の仕事のひとつです。車いすを押すこともあります。排泄介助もかなり重要な介護の仕事です。見守りからトイレの介助、オムツ交換までさまざまです。入浴介助は、風呂に入る際のサポートを行います。就寝前や起床後の着替えの手助けをすることもあります。

デイサービスや介護施設では、利用者が参加できるレクリエーションを企画することもあります。心身共に快適な状態を保つために、介護の仕事は利用者のメンタルケアを施すことも必要になります。相手の話をじっと聞いたり、悩みごとに乗ってあげたり、元気になる言葉をかけることも大事な仕事です。他にも介護の仕事にはさまざまなものがありますので、働く前によく学んでおくことが大切です。