住宅ローン金利の選び方は?

金利の種類は大きく分けて固定金利と変動金利の2種類があります。
住宅ローンでもこれら2つの金利が存在し、実際に住宅ローンを組む際にはどちらにするか迷うものです。
ここで多くの人が気になるのが「どちらがお得?」という問題だと思います。
ただし2つの金利について「こっちが絶対にお得!」とは言い難い現実があるのです。
そこで金利の種類を選ぶ際には「どっちが自分に合ってるか?」と考える方が無難です。
固定金利の場合、同じ金利が5年ほど続きます。
そのためその間に市場の金利が推移しても全く住宅ローンの金利は影響を受けません。
一方の変動金利の場合、半年置きに金利が見直されますが、場合によってはずっと金利が下がり続けたりする事もあります。
よって市場の動向が見やすい人は変動金利を選び、先行き不安で分からない人は固定金利を選んだ方が良いでしょう。
いずれにしてもマイホームにはその他諸費用など莫大な金額が必要となります。
だからこそ自分に合った金利を選び、少しでも気持ちが楽になる金利を選択していきましょう。