親子の年収を引き継ぐ住宅ローンの借り入れについて

住宅を購入する場合、今は親だけで住んでいるけれども将来的に子供も一緒に住むというような計画を立てている家庭も多いかと思います。
今はバリバリと働いているので年収も十分にあるけれども、もし親が高齢になって返済が難しくなってしまったときには今度は子供が返済をしていくという親子リレー返済をすることも出来ます。
一般的な住宅ローンでは、契約者が申し込みをする際の年齢が70歳未満だということが条件になっていることが多いのですが、親子リレー返済を利用することで、契約者が70歳以上であっても申し込みが可能となるのが大きなメリットです。
親子リレー返済をするという場合には、両者の返済期間を合わせて35年以下であるということが条件になっています。
審査に通る年収と住宅ローンの目安は?